2011年06月20日

急ブレーキ、急ハンドル魔の恐怖

毎日、雨ばかり。



梅雨らしい天気ですが、



たまったものではないですね〜。



*読む前にポチッとお願いします。



ブログランキング


日々のドライブで困るのが運転オンチドライバー。



ペーパー&シニア&おばさんに多いんですが。



これほど怖いものはないし、



本人たちほど強い者はないですね。先日も市街地の道路を走行中。



片側2車線の道路の追い越し車線側。




制限速度60キロのところを、




なんと30キロでゆっくり走る車が・・・




右側の車線は渋滞。




でも、その車はまったく同じ速度で走行。





私もしびれを切らして左側車線へ。




市街地の左側車線はどうしても





路上駐車や飛び出し、バスの停留所などがあり、




あまり走りたくないんですが。




で、その車を追い抜きかけたとたん、



いきなりその車が左側車線を急ハンドルを切って、



飛び込んできました。



思わず急ブレーキを踏んで接触を逃れましたが。



あんまりひどい運転なので、



こちらも腹のムシが収まらず、



そのまま追いかけて右側車線から並んで、



その車の運転席を見てみると。



なんと、若い奥さんがハンドルにしがみついて、



前だけみて走ってました。



(ああ、ダメだこりゃ〜)



運転するだけで精一杯。



周りなんて見る余裕なんてないんですね。



教習所が悪いんですがね。



こんなレベルで試験を通すほうが悪い。



文句言っても反省しないんですよね、このタイプ。



「ちゃんと指示器だしたでしょう。」と言うんですよね。




でもね、奥さん。真横で指示器を出されてもね〜。




私はどうしてよけたら良いの?




熟練ドライバーを殺すのに刃物はいらん、



ペーパードライバーの1人もいれば良いてね。



自分で気をつけるしかないですな。



ではまた。




*こんなドライバーと事故したらたまったものじゃない!



ぜったい証拠が必要です。



記録は必要です。




posted by ミッキーハウス at 13:03| Comment(2) | 車のこと編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミッキーハウス様

おじゃまさせていただきました。
なるべく当局の方々とは関わり合いになりたくないので
普段からおとなしく走るよう心がけておりますが、
こういうくるまだからでしょうか、何にもないのに
停められて職質受けたりすることがあります。
暇つぶしの相手させられるのめんどくさいです。
跳び道具とか、覚醒剤とか出てくると
思ってるんでしょうかねぇ。

リンクさせていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 074plymouth at 2011年06月21日 13:35
お返事痛みいります。こちらもリンクしました。
でも、V型エンジンの12気筒での5L。
「ガボガボガボ〜」という回るエンジン音。
60年代の豊かなアメリカの象徴のアメ車。
憧れですよ。どんなファミリードラマでも、
自動ウインド、ガブリオレ。
文句なしのアメリカ。
ちなみに私のアメリカは、
「コルベットスチングレー」ですね。
これからもよろしく。
Posted by ミッキーハウス at 2011年06月21日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。