2012年07月18日

火花散るタイヤ

おはようございます。

梅雨も明けて、

夏本番の暑さですね。

*読む前にポチッとお願いします。

ブログランキング

家庭の問題、そこまで言って委員会

Facebookページも宣伝
皆さん、タイヤの溝減りのチョエックしていますか?

案外していない人が多いのです。

タイヤの溝が減ればスリップの原因にもなりますし危険なのは当たり前。

それ以上減るとパンク、バーストによる重大事故の原因にもなります。

さて、タイヤの溝がなくなるとどうなるか?

その下からワイヤー状の網、メッシュが出てきます。

エアーの部分まで皮1枚の状態ですね。

この状態は非常にあぶないのですが、

結構、こんな状態で走行している車もいるんです。

なぜ判るか?夜になれば簡単にわかります。

メッシュが露出していれば道路とこすれて火花が出ますから。

先日も前を走るポンコツのヤンキー車。

シャコタンで走るのは良いいけれどなんだかおかしい。

タイや付近でたまに灯りが。

ブレーキを踏むたびに、「シャッ!シャッ!」と飛び散る。

(んっ、火花?もしや・・・)

悪い予感がして車間距離を開けて走っていると、

「バ〜ン!」とでかい音響とともに、

例のシャコタン車のタイヤはベコベコに。

しばらく走っていましたがさすがに気が付いて路肩へ停車。

こんなのと車間距離なしで走ったら二重事故に。

タイヤからです火花はバースト目前の合図。

くれぐれもご用心ください。
posted by ミッキーハウス at 13:47| Comment(0) | アクシデント編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。